『鬼滅の刃』を原作としたゲームが発表他【3/16のゲームニュースまとめ】

ノア
今日の気になったゲームニュースです!

『鬼滅の刃』を原作としたスマホアプリ、PS4タイトルが発表

 アニプレックスは本日,TVアニメ「鬼滅の刃」のゲーム化プロジェクトが進行中であると発表した。2タイトルを予定しており,…

鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」(スマートフォンアプリ)が2020年リリース、「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」(PS4)が2021年リリースとジャンプ誌面で発表。

長らくゲーム化されていなかった鬼滅の刃ですが、コンシューマとアプリの同時発表できました。時期的にアニメと同時ぐらいに企画進行してたんですかね。
PS4タイトルの「ヒノカミ血風譚」についてはまだ詳細が出ていないので、スマホアプリ「血風剣戟ロワイアル」について少し調べてみました。

ジャンルは「非対称対戦型サバイバルアクション」

ということなので、十中八九「Dead by Daylight」や「Identity V」のような鬼ごっこゲーっぽいですね。

鬼殺隊陣営と鬼陣営の人数比率が不明であったり、元の発電機や暗号機の稼働→脱出というシステムは『鬼滅の刃』の世界観に合っていないですし、そのあたりのシステムのテコ入れはありそう。

ノア
既存の同ジャンルゲームと比較してのプレイフィールの違いが気になるところ。

「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」の開発・運営会社は?

開発・運営
株式会社Quatro A
開発協力
ソレイユ株式会社

開発・運営のQuatro A(クワトロエー)は東方キャノンボールの開発元です。こちらもAniplexからのリリースタイトルですね。

開発協力となっているソレイユは2018年発売のPS4タイトルNARUTO TO BORUTO シノビストライカーの開発を担当しています。

こちらは「4vs4のマルチプレイヤー対戦オンラインゲーム」ということで同じ集英社版権かつ近いジャンルでのノウハウの提供といったところでしょうか。

軽く当時のレビューも見てみましたがシステム面や演出面が評価されていたようですので期待が持てそうです。

 

Steamの同時接続ユーザー数が2000万人突破

AUTOMATON

Steamの同時接続ユーザー数が2000万人突破。Valveの『CS:GO』は初の同時接続ユーザー数100万人超え。St…

ノア
2000万人て。

プレイされていたタイトルは「Counter-Strike: Global Offensive」「Dota 2」「レインボーシックス シージ」「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」という順位だったとのことでやっぱり世界的にFPS、MOBAは強いですね。

ちなみに2000万人の中で実際にゲームを遊んでいるユーザーは630万人程度とのこと。

……逆にSteamを自動ログイン含め起動しているユーザーの約1/3はゲームやってると考えると結構な比率でSteamでゲームが遊ばれてるんだなーという印象です。

やはり世界的に新型コロナの影響が出ている昨今、自宅でゲームをするに限るなぁ。

 

2Bがスマブラ参戦……!? という嘘情報

AUTOMATON

ニンテンドー・オブ・アメリカが、『ニーア オートマタ』の2Bが『スマブラ』に参戦するかのようなツイートをしており、注目を…

記事によると

  • Nintendo of Americaのアカウントが「@2BforSmash Confirmed! We’ll send you a note when #AnimalCrossing: New Horizons releases on 3/20.」とツイート
  • 同アカウントにいいねを付けるとメンションツイートが送られる
  • 文面が「@ユーザー名 confirmed!」のため「@2BforSmash」さん宛のツイート文面が「2Bがスマブラ参戦決定!」みたいなことになる

ということらしい。

ノア
草。

twitterで「スマブラに2B参戦らしい」という情報が流れてて「え!? マジで!?」となり一瞬期待しましたが残念。

 

というわけで3/16のゲームニュースピックアップでした。