「NieR Replicant」バージョンアップ版発表等、「ニーア」シリーズ関連情報まとめ

「ニーア」シリーズ10周年記念オーケストラコンサート「NieR:Theatrical Orchestra 12020」が無観客公演となりましたが、開演前の「ニーア」シリーズ10周年を記念する生放送にてシリーズ新情報が公開されました。

リマスターでもリメイクでもない、「NieR Replicant」の”バージョンアップ版”が発表

遠い約束。千年の嘘。『NieR Replicant ver. 1.22474487139...』公式サイト。…

生放送の中で「ニーアレプリカント」のバージョンアップ版として「NieR Replicant ver.1.22474487139…」がリリースされることが発表されました。
対応プラットフォームはPC(Steam)、PS4、Xbox One。

また放送内で語られた情報では「新エンディングの追加」「(レプリカントの発売から)時間が立ちすぎているので開発元とどうするべきか協議しながら進めている」等の話が出ていました。
また「白の書」の担当声優が安元洋貴さんに変更されています。他の「Automata」声優陣も”ちょい役”で出ているとのこと。

開発担当は株式会社トイロジック

株式会社トイロジック公式サイト

トイロジックが開発に携わる『NieR Replicant ver.1.22474487139...』が発表されました…

Automataはプラチナゲームズが開発担当でしたが、今作はトイロジックが担当。

現状ディザートレーラーではキービジュアルとBGM(カイネのオルゴールアレンジ?)のみでゲーム画面がないため何とも言えませんが、10年振りの名作復活。
これは楽しみ。

「ニーア」シリーズのスマホアプリ、「NieR Re[in]carnation」が発表

NieR Re[in]carnation | SQUARE ENIX

「NieR」シリーズ最新作のスマートフォン向けタイトル『NieR Re[in]carnation』公式サイト…

シノアリスで味をしめたのかヨコオさん。

スマホアプリ「NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)」が発表。
基本プレイ無料アイテム課金制とのことなので普通のガチャソシャゲ……なのだろうか。

ディザームービーや公式サイトのキービジュアルにはカイネのような格好をした少女と布をかぶったポッドのようなものが様々な廃墟に立っているシーンが描かれるのみ。

ちなみに開発はアプリボット、キャラクターデザインはCyDesignationが担当です。

ノア
タイトルにReincarnation(輪廻転生、生まれ変わり)とあるのでオートマタのEエンド後の話かなとも思ったのですが、
これもしかしてレプリカント/ゲシュタルトのDエンド後なのでは……

その他、NieR:Theatrical Orchestra 12020オフィシャルグッズが販売開始されたり、オートマタの世界累計出荷・ダウンロード販売本数が450万を突破したことを発表。

10周年を迎え勢いに乗っているニーアシリーズ。この調子でコンシューマでの新作にも期待したいところです。