Epic Games Storeで最大75%オフのセール開催&「Hob」「Gone Home」等が無料配布、「あつ森」“タランチュラ”事情に変化【4/3のゲームニュースまとめ】

ノア
今日の気になったニュースです!

Epic Games Storeで最大75%オフの春のセール開催&「Hob」「Gone Home」等が無料配布

Epic Games Store「春のセール」が開催中

  • ボーダーランズ3
    ¥7,980 → ¥3,990 (50%オフ)
  • CONTROL
    ¥6,180 → ¥4,017 (35%オフ)
  • レッド・デッド・リデンプション2
    ¥8,618 → ¥6,894 (20%オフ)
  • レインボーシックス シージ
    ¥2,640 → ¥1,056 (60%オフ)
  • Detroit:Become Human
    ¥3,990 → ¥3,591 (10%オフ)

などなど、全125タイトルがセール中。
日本時間4月17日午前0時までの開催です。

「Hob」「Gone Home」「Drawful 2」が無料配布

3タイトルが4月10日午前0時まで無料配布中です。

個人的には「Hob」の世界観、プレイフィールが好きなのですごくおすすめ。
ゼル伝とか好きな人には刺さるんじゃないでしょうか。

「Hob」

Epic Games Store

Epic Games StoreでHobを無料でダウンロードしてプレイしよう。利用可能なプラットフォームと価格をチェック…

Hobs は、無秩序状態の残酷な世界を舞台にした活気がありサスペンスに満ちたアドベンチャーゲームだ。
プレイヤーが自分達を取り巻くミステリーを掘り下げると、惑星が危機にさらされているこに気付く。
それを回復することができるのか、それとも世界は更なるカオスに陥っていくのか?

言葉のない物語
テキストや会話なしに繰り広げられる Hob のストーリーは、惑星を探検しそこに住む奇妙な生き物と交流することから見えてきます。
世界の変換
パズルを解いて、惑星を生き返らせよう。目の前で景色が変わり、発見し冒険するための新しい地域が開きます。
つかみ、パンチをし、ゆがませよう
機械式のグローブアームの能力を駆使して旅をし、戦おう。
冒険
廃墟を探検し、妖精と友達になり、絶滅を脅かすならず者のの生き物と戦おう。

「Gone Home」

Epic Games Store

Epic Games StoreでGone Homeを無料でダウンロードしてプレイしよう。利用可能なプラットフォームと価…

時は1995年6月7日、午前1時15分。海外で一年を過ごし、久々の帰宅。家族が 出迎えてくれるかと思ったのに、家はもぬけの殻。
何かおかしい。皆はどこへ?そして、ここでいったい何が…?
インディー開発チーム”The Fullbright Company”がお届けするストーリー探索ゲーム、『Gone Home』をプレイして、そのミステリーを自ら解いてください。

再び帰ろう
『Gone Home』は、インタラクティブな探索シミュレーターです。
そこに住む人々の物語を見つけ出すために、一見普通に見える家の中をつぶさに調べましょう。
引き出しや扉を開きましょう。ものを拾い上げ、調べ、手掛かりを見つけましょう。
家族が残したものを調査することにより、家族の間で何が起こったのか、見い出すのです。
再び、家に帰りましょう。

「Drawful 2」

Epic Games Store

Epic Games StoreでDrawful 2を無料でダウンロードしてプレイしよう。利用可能なプラットフォームと価…

人気パーティーゲーム『Fibbage』、『Quiplash』、『YOU DON’T KNOW JACK』の開発チームが贈る『Drawful 2』は、とんでもない絵と的外れな回答を楽しむゲームです!

ひとりがスマホやタブレットを使って、「水差しとナチョス」、「トロンボーンによる死」などの奇妙でちょっと笑えるテーマの絵を描きます。
他のプレイヤーはそれ(たぶんとてもひどい出来の絵)が何を描いているのかを考えて入力し、的外れな回答の選択肢を作ります。そしてみんな(おそらくは視聴者は数千人)で正解を考えるのです。
『Drawful 2』には、ユーザーが自分で作ったヒントを追加してゲームをもっとぶっ飛んだものに変える機能やプレイヤーをチェックできるストリーミング用ツールなどが追加されています。
『Drawful 2』はとても楽しいパーティーゲームです。みんなでいっしょにプレイしてワイワイ盛りあがりましょう!
注意:『Drawful 2』は英語のみです。
注意:このゲームはローカルマルチプレイヤーですが、ストリーミングによってリモートプレイヤーもいっしょに楽しむことができます。

「あつ森」、4月に入り“タランチュラ”事情に変化

AUTOMATON

現実世界と同様に時間が移り変わっていく『あつまれ どうぶつの森』。4月に入り影響を受けたのはそれぞれの島だけではないよう…

「あつまれ どうぶつの森」で金策としてすぐに広まったタランチュラ乱獲
しかし4月に入ってから状況が変わってきた模様。

北半球では11月から4月まで、南半球では5月から10月までタランチュラが出現するわけですが、4月に入ったことで他の虫のポップ状況が代わりなかなか狙ったタランチュラ狩りが難しい状況に。

元記事を要約すると、

  • 4月から新たにタガメが出現するようになった(売値はタランチュラの1/4の2000ベル)
  • タランチュラと同じく夜の時間帯に出現し、スポーンの枠数を取り合うことになってしまう
  • タガメは水上のみに出現し近くを走っても逃げないためあみで捕獲するしかない
  • そのため疑似タランチュラ島が作りにくくなった

といった感じ。

ちなみにアップデートに含まれる「ゲームバランスの調整」によってタランチュラ島の出現率が下げられたのでは、という声もありました。
この辺は実際に統計取ってみないと何とも言えませんね。

ノア
一応……スローライフを謳ってるゲームだしな……

というわけで4/3のゲームニュースピックアップでした。