【アークナイツ】「危機契約」の詳細、オペレーター採用率など事前対策まとめ

日本版でも6月に予定されているイベント「危機契約」に関して、概要、高採用率のオペレーター、育成優先度などをまとめます。

イベント「危機契約(危机合约)」について


大陸版で2019年11月19日から12月3日までの14日間開催されたイベントです。

  1. 常設ステージ1種+日替わりステージ2種を「契約(制限)」を選択し挑戦、クリア
  2. 専用デイリー任務及び長期任務のクリア報酬として「契約賞金」「協約の証」を獲得
    ※「協約の証」は新しい契約のアンロックに使用、「契約賞金」は報酬アイテムとの交換に使用

また危機契約のイベントステージは理性を消費しない代わりに通常デイリー任務の対象となりません。

ちなみに中国版では3月に「危機契約#0」が開催され、今後3ヶ月に1回のシーズンイベントして開催されることが告知されています。

危機契約のイベント報酬

危機契約の報酬には個数制限付きのものと交換数無制限のものがあります。
ちなみに詳しくは後述していますが、あまり身構えなくてもほどほどの難易度で報酬回収は可能です。

個数制限あり

報酬内容個数必要契約賞金
シージ コーデ13,000
ナノフレーク5500
上級合成コール10150
上級砥石10150
上級マンガン10150
中級エステル4035
RMA70-123060
龍門幣x2,0007515
中級作戦記録x27515
家具パーツx205020

個数制限あり合計契約報奨金 16,450

個数制限なし

報酬内容必要契約報奨金
中級エステル55
RMA70-1290
龍門幣x851
中級作戦記録x112
アーツ学IIx115
初級源石15
初級糖原20
初級エステル20
初級異鉄25
初級アケトン60
初級装置60
各種初級SoC60

危機契約時の任務内容

「契約」ごとに危機レベルが設定されており、指定ステージクリア時の契約内容や危機レベル合計値により任務達成となります。
概ね報酬内容は危機レベル8が最高効率となっており、以降は徐々に報酬の量が減少しています。
また数が多いため詳細の記載は省略します。

デイリー任務

  • 指定の契約を使用し、イベントステージ(荒廃広場 or 無人危楼)をクリア ※支援契約使用可
  • イベントステージをクリア ※支援契約使用可
  • イベントステージを危機レベル1以上でクリア
    (危機レベル8以上でクリアまで複数あり)

長期任務

  • イベントステージ(59地区廃墟)を危機レベル1以上でクリア
    (危機レベル18以上でクリアまで複数あり)
  • 59地区廃墟の新たな危機契約をアンロック
    (行動協約を消費し契約をアンロック、22まであり)
  • 指定の契約を使用し、59地区廃墟をクリア ※支援契約使用不可

契約内容

数が多いため詳細は省略しています。
契約によってはステージにより数値が変動する場合あり。

  • 全オペレーターの攻撃力減少
  • 【近距離】オペレーター使用禁止
  • 【遠距離】オペレーター使用禁止
  • ステージ中の配置箇所を制限
  • オペレーター配置可能数制限
  • 防衛数を1に変更(強襲作戦と同じ)
  • 全オペレーターの防御力減少
  • クラス2種のコスト3倍
  • 特定クラス使用禁止
  • コスト自然回復速度減少
  • 編成上限を減少
  • リベンジャー、ヴェンデッタ(侍系)の防御力・最大HP上昇
  • 武装戦闘員の最大HP・攻撃力・術耐性・重量上昇
  • バクダンバチの最大HP・攻撃力上昇
  • 射撃隊長の最大HP・攻撃速度上昇
  • すべての敵の移動速度上昇
  • すべての敵の防御力上昇
  • すべての敵の攻撃範囲拡大
  • すべての敵の攻撃速度上昇
  • 全オペレーターの最大HP減少
  • すべての敵の最大HP上昇
  • すべての敵の攻撃力上昇
  • 支援契約
    • 全オペレーターの攻撃力+100
    • 全オペレーターの防御力+50%、最大HP+100%
    • 全オペレーターの攻撃速度+100
    • 全オペレーターのSP消費-50%
    • 全オペレーターの再配置時間65%短縮

危機契約#0(2回目)でのオペレーター採用率

初回の危機契約ではないので注意。

サポート使用数TOP10(公式)

  1. サリア
  2. ホシグマ
  3. シルバーアッシュ
  4. ブレイズ(日本未実装)
  5. エフイーター
  6. ヘラグ
  7. シージ
  8. テンニンカ
  9. ラップランド
  10. 二アール

契約でクラス制限や編成・配置制限を使用する場合が多く、複数の役割をこなせるオペレーターが使用されやすい傾向です。

特に回復盾である「サリア」「二アール」射程が長く対空攻撃可能な前衛「シルバーアッシュ」「ラップランド」回復持ちかつコスト回復効率の高い「テンニンカ」あたりが人気。
またノックバック+速度低下によって一方的に攻撃が行える「エフイーター」+「アンジェリーナ」といった組み合わせや、編成制限に強い「マゼラン」も育っているのなら活躍します。

危機契約に向けた育成優先度

前提として「最低でも昇進2以上」が目標となります。
基本的に上に記載しているクラス・オペレーターほど優先となります。
※あくまで個人的な所感です

クラス別優先度

回復盾

  1. サリア
  2. ニアール
  3. グム

サリアがいれば最優先。できれば2体以上の育成を推奨。
医療オペレーター使用制限時に重宝します。

先鋒

  1. テンニンカ
  2. シージ
  3. テキサス

テンニンカが回復もこなせることもあり採用率トップ。次点で火力も出せるシージ、範囲スタン持ちのテキサスとなっています。
基本的には1名採用。

前衛(火力)

  1. シルバーアッシュ
  2. ヘラグ
  3. チェン

シルバーアッシュは持っていれば確定採用。ヘラグは自己回復持ちかつ高火力なのでタイマン・単独配置等汎用性が高く使いやすい。
チェンはスキル2で術攻撃+対空カバー、スキル3で単体高火力が出せるため使い勝手がいいです。

その他前衛

  • ラップランド
  • レッド
  • スペクター

遠距離オペレーター代わりに使用できる長射程のラップランド、削り・足止めに使用できる高速再配置のレッド、タイマンに強く高火力のスペクターがおすすめです。

遠距離

  • エクシア
  • シュヴァルツ
  • アズリウス

遠距離オペレーターは使用できない場面も多いため優先度は低め。術オペレーターが使用可能であればエイヤフィヤトラも採用できます。
デイリー任務で使用する場合もあるため、全く育っていない場合はある程度育成しておきましょう。