【ウマ娘】SR中心でも気楽に因子厳選できる!4B育成解説

因子厳選で有用かつ、サポートが充実していなくても比較的安定して育成完了できる4B育成の解説です。

4B育成の説明とメリット

4B育成は5つのステータスのうち4つのステータスを600以上で育成完了させる手法です。
青★3因子の出現条件が該当ステータス600以上のため、この育成を繰り返すことで比較的因子厳選を行いやすくなります。

4B育成のメリット

オールB育成より楽

因子厳選をするなら全ステータスBにするほうが理想ですが、現環境ではほぼ根性が使われない状態です。
そこで根性ステータスを捨てることで他ステータスを600まで上げるハードルが下がり、要求サポートカードが緩和されます。

比較的安定して育成完了できる

育成手順・ルールを明確にすることで毎回安定した育成が可能になります。
考えることが少なく、ミスのリカバリがしやすいため周回育成しやすくなります。

マイル~長距離の多くの育成に対応できる

要求されるステータスを満遍なく上げる育成のため、同じ育成方針で多くのウマ娘育成に対応できます。
ただしステータス成長率が根性に割り振られているウマ娘の場合、やや難易度が上がります。

下記実例と同じ編成で4B育成したライスシャワー。

実例(ウォッカ育成)

使用因子とサポートカード

因子はスタミナ寄り、★3因子なし。サポートを調整すればパワー寄りの因子継承でもOK。

サポートはイベント報酬SSRスペ、フレンドSSRクリークのみLv50。他は2凸相当のSRLv35にしています。
スピード2、スタミナ1(フレンド)、パワー2、賢さ1ですが、パワーをたづなと入れ替えてもOKです。
因子をパワー寄りにした場合はパワー1枚をスタミナと入れ替え、スタミナトレーニングを増やします。
また自前でSSRウォッカかSSRスーパークリークを用意できる場合は入れておき、もう一方をフレンドからLv50レンタルできると金回復スキルの入手機会が増えるためより安定します。

育成開始~ジュニア

基本的にトレーニングはスピード・パワーに絞り、体力調整で賢さを挟みます。
選択優先順は下記の通り。ヒントは特に意識していませんが、欲しいスキルがあるサポートの場合は優先して構いません。
スピード・パワー(3人以上)>賢さ(3人以上)>(絶好調時以外)お出かけ>スピード・パワー>賢さ

また失敗率15%程度まではサポートの状況を見て実行しますが、サポートが微妙な場合は賢さで体力調整かお休み、やる気が下がっている場合はお出かけへ。

イベント選択肢スタミナ・体力回復を最優先に選択。逆に体力を消費する選択はなるべく避けます。他で迷う場合はその時点で低い(根性以外の)ステータスでOKです。

開始直後はスピード・パワーでサポートの多い方を実行→お出かけでやる気上げ。
体力を無駄にしないために上記の順ですが、初手お出かけでも問題ありません。たづなを入れていればそちらを選びましょう。
メイクデビューまでにスピード・パワー各200程度を目安に育成します。

メイクデビュー時ステータス
結果1着

そのまま育成を進め、ジュニア12月後半は白因子狙い兼ファン数稼ぎでホープフルSに出走しておきます。

ホープフルS(12月後半)時ステータス
結果1着

クラシック

5月後半の日本ダービーまでにスタミナD+(350)を目標にパワー中心で育成。
4月の因子継承後にスタミナが不安な場合はスタミナ練習もあり。
いずれかの白回復スキルを取れていると安心です。

日本ダービー(5月後半)時ステータス
結果2着

6月に入ったら夏合宿までに体力を回復。
合宿中はよほどのことがない限りスタミナを選択。
体力全快で合宿に入った場合、スタミナ→スタミナ→賢さ→スタミナみたいに調整してます。

またこのあたりから友情トレーニングが増えてくるかと思いますが、特に優先度は変わりません。
スタミナ友情発生時に他のトレーニングが微妙であれば選択してもいいかな、ぐらいです。

合宿後秋華賞(10月後半)時ステータス

結果3着

ファン数が6万人(バレンタインの固有スキルレベルアップ条件)に届いていない場合、ジャパンC等に出走してファン数を稼いでおきます。
合わせて理事長の絆ゲージが緑(ファン感謝祭の固有スキルレベルアップ条件)になっていない場合は優先的に選択。

ウォッカの有馬は出走のみなのでスルー。
中・長距離適性のあるウマ娘の場合はジャパンCと有馬で勝てればファン数で困ることはないはず。

シニア

スピード・パワーが500前後近くまで上昇してきたら、賢さ中心のトレーニングにシフト
URAファイナルズ予選~決勝勝利時に合計で45程度、理事長・記者(と組み込んでいればたづな)の絆ゲージによって10~25前後全ステータスが増加するため、概ねURAファイナルズ開始時点で550以上URAファイナルズ決勝時点で570程度あれば600を超えBになります。

イベント・合宿でも不足しているステータスを優先しましょう。

ステータスに余裕がある場合、GIレースに出走して白因子を狙ったり、スピード・スタミナ・パワーを上げより高ステータスを目指しておきます。

ヴィクトリアマイル(5月前半)時ステータス
結果1着

天皇賞(秋)(10月後半)時ステータス

URAファイナルズ予選時

URAファイナルズ決勝時

決勝で1回目覚まし使っています。

育成完了時ステータス・スキル

今回は割りとギリギリでしたが、2凸SRを4凸SRやSSRに差し替えれば余裕が出てくるかと思います。

普段使用してる編成で育成したウォッカがこんな感じでした。

ちなみにステータスBでの星3因子確率は3~5%程度らしいので根気強く育てていきましょう。
私はまだ1体しかできてません……